スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バラの挿し木・・ピエールド・ロンサールの筈が咲いてびっくり!&水挿し私流!
- 2007/08/05(Sun) -
昨年挿し木したバラが、花をつけ始めています。
参考書によると、挿し木は蕾が出来たらつまんでしまう事になっているのですが、花を見たいが
ために私は咲かせしまいます。
このバラ、咲かせて良かったです。
実は、ずっとピエールドロンサールだと思っていたのですが、違いました。
花壇にピエールと隣り合わせに植えているのですが、挿し木の枝を間違ったようです。
少しガッカリです。ピエールがほしかったのですが、あまり嬉しくないバラでした。
そうなんです。夫が、もう飽きたと言ったバラ、「フイリップノアル」です。
お嫁に出したいのですが、貰い手が現れるでしょうか。

20070827201443.jpg

こんなに小さな枝苗なのに花は一丁前なんです。
20070827201456.jpg


それでは、私の挿し木方法をご紹介します。
全くの自己流ですので、あしからず。

バラの挿し木は一般的には土を使いますが、水挿しも出来ます。
これは、今年の6月にチョコレート色の切花を頂き、あまりキレイなのでダメもとで水挿しに挑戦
してみました。
このようにコップに入れて、朝だけ日が当たる東側のキッチンの窓辺において置きます。
水をたくさん入れないのがミソで、(画像のコップの量くらい)水は時々変えます。

こうやって水につけて置くと、一ヵ月後にはこんな風になります。
切り口からモコモコとした白いカルス(根っこの元)が現れています。
7月8日の画像です。
20070827203241.jpg


8月10日の画像です。
カルスが増えました。
20070827202049.jpg


8月27日の画像
また、増えてきました。
このくらいになると土に植え替えます。
20070827201134.jpg


葉っぱは、こんな風です。
枯れないでこの通り、きれいなままです。
20070827204311.jpg

バラの種類によって、成功率も違うようですが、水挿しは気楽に出来ます。
キッチンに立つと、つい目がいき、毎日、観察できるのも楽しいものです。

 ← 一回クリックお願いします
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


スポンサーサイト
この記事のURL | バラの挿し木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。